~山形大学EDGE-NEXT人材育成プログラム~

VRプログラミングスクール&ハッカソン 開催

 令和元年度の山形大学EDGE-NEXT人材育成プログラムの一環として、“プロダクト思考”を有する人材の育成を 目的に、山形大学VR部を中心に会津大学、新潟大学VR部にも協力をいただき、「VRプログラミング&ハッカソン」を開催します。

 昨今、アミューズメント領域だけではなく、医療、建築、サービス等の領域でも採用され始めたVR技術をテーマに、プログラム言語 Unity VRの使い方を学び、実際にVRアプリを企画開発するハッカソンを行います。VRの世界を体験し、プログラム言語を習得、実際にVRアプリの企画開発を5日間の日程で集中的に行い、VR開発に必要な基本的な技術を習得します。

 最終日午後に、山形県内・近郊のソフト開発、IT関連企業の方、業界関係者を招いて、開発したVRアプリのプレゼン、デモを行う成果発表会を実施します。業界関係者の方に審査・評価をいただき、優秀チームには表彰を実施。

 今回は、山形県内高校-山形大学の人材育成における連携の一環として、高校生も参加いいたします。

■プログラム概要:

  1. イベント名:  「VRプログラミングスクール&ハッカソン」 

  2.主  催:  山形大学 国際事業化研究センター、 企画運営:山形大学 VR部

   協  賛( VR機材提供): 株式会社Project White (TSUKUMO)、 アストネスVRレンタルサービス

  3.日  時:  令和2年 2月24日(月)~2月28日(金) 5日間

  4.会  場:  山形県立米沢工業高校 会議室 

         山形大学工学部 図書館 3F ラーニングコモンズ

  5.基調講演:  西川 美優 氏 株式会社IntoFree CEO  

  6.内  容:  詳細日程は、次項参照

     DAY1 2/24(月): 開会式、基調講演、開発環境構築、VR体験

     DAY2 2/25(火): プログラミング言語 Unityの使い方を学ぶ

     DAY3 2/26(水): UnityでVRアプリを作る方法を学ぶ

     DAY4 2/27(木): チームでVRアプリを作成 (1チーム 4,5人)

     DAY5 2/28(金): VRアプリ作成、発表準備、成果発表会、審査・表彰

  7.募集人数:  30名程度: 大学生、高専、高校生 ⇒募集は締め切りました。

     大学VR部: 山形大学、会津大学、新潟大学 

     Skyward EDGE コンソーシアム  早稲田大学、東京理科大学、滋賀医科大学 

     山形県内の高専、高校

  8.参加費:  無料: 但し、旅費、宿泊費、食費は、自己負担。